こたつを捨てたくなった

毎日、こたつに入り生活をしていますが、

こたつを捨てたくなりました。

 

捨てたいといっても机としては使いたいので、

こたつの機能を捨てたいということです。

 

理由①:何もする気がなくなる

こたつに入っていると気持ちよくて、何もしたくありません。

ギリギリブログを書こうと思うぐらいで、ネットサーフィンして寝る。

これの繰り返しです。

 

理由②:外にでて行動する気にならない

こたつから出れないこと=部屋から出られません

 

理由③:すぐ眠くなる

こたつの温かさですぐに眠くなり、寝てしまいます。

そして、腰が痛くなり、体調を崩します。

 

理由④:立てなくなる

こたつに入るためには、一度床に座る形になります。

ソファに座るのと床に座るでは、立ち上がる際の

めんどくささが違います。

めんどくささが勝ち、今日が終わります。

 

上記の理由では、かぶっている理由もありますが、

結局、だらだらしてしまいます。

私の意志が弱いというのもありますが、

その原因を取り除くことで、行動を起こせるのなら、

それでいいと思っています。

 

ただ、捨てるのもめんどくさい。