会社の上司に死ねといわれた

先日、会社の上司に死ねと言われた。 

 

私は、何も言い返せなかった。

 

誰かに死ねという人間は嫌いだ。

 

でも、その言葉を言わせるまでに私の言動があったのだろう。

 

相手の上司の人にとっては、それだけのことだったのだろう。

 

私は、この言葉を正面から受け止めるつもりはないが、

つらかった。

 

今回は書くことでスッキリすると思って書きました。

 

また会社に行って一緒に仕事をしないといけないと思うとまたつらい。

 

私に非があったとしても、そのことについて、「お前に非がある」とか言われたくないから、ここに書いて、終わらせようと思います。

 

これから、毎日のように「死ね」と言われない限りは、

このことを覚えてる気はする。