魔女の宅急便のCMはあまり好きではない。なぜなら....

魔女の宅急便のCMをテレビで思ったことがあります。

 

好きではないということです。

 

魔女の宅急便ジブリ作品として、私は知りました。

その映画のイメージがあるので、

キキとトンボが大都会で学生生活を送っているのが不自然に感じました。

現代っ子によせているのかもしれませんが、

映画の中の街並みが好きな自分としては、

あまり好きにはなれませんでした。

 

もう一つ、一番好きになれないのは、

キキがトンボに告白するシーンです。

 

キキのセリフが、キキらしくないし、

つまらないと思いました。

 

勇気を振り絞った告白だから、つまらないというのは

よくないと思う方もいるかもしれませんが、

 

魔女の宅急便」だからこそ、好きと伝えるタイミングや言い回しを

もっと大切にしてほしかったです。

 

以上