マリリン・モンローという生き方 劣等感を持つ女は美しい

マリリン・モンローと聞くと、

私はセックスシンボルである昔の大女優と連想します。

 

彼女の作品は一つもみたことがないけど、

白いワンピースをきた、セクシーな女性のイメージが強いです。

 

 

 

マリリン・モンローという生き方 劣等感を持つ女は美しい」

を読んで、マリリンモンローの歴史を少し知ることができたので、

感想を述べたいと思います。

 

一番最初に驚いたのは、彼女が36歳という若さでこの世を去っていたことです。

彼女の死に対しては、自殺や他殺、いろいろ唱えられていますが、

はっきりしておらず、ベッドの上で全裸で無くなっていたそうです。

 

彼女は今でもエピソードを語られるほど、スーパースターでした。

彼女ほどの人が、もっと長く生きることができたなら、

どんな作品を残、言葉を語りかけてくれるのか気になるところです。